設計監理料について

設計監理料は、延床面積25坪以下の住宅の場合200万円(税別)です
延床面積25坪以上の住宅の場合、8万円/坪(税別)です
長期優良住宅等の特別な仕様の場合、別途設計料を頂戴いたします
増改築工事や住宅以外(店舗等)の費用については個別に相談いたします
総予算が2,000万円程度の依頼者には個別の相談に応じます

地盤調査費、各種申請費用は各機関へのお支払いが必要です
木造3階建てや木造以外の構造の場合、
構造設計料(構造計算費用)を構造設計事務所にお支払いいただきます

 

 

さらに詳しく

設計監理料(以下、設計料)の明朗会計に努めます
設計士の業務報酬は平成21年国土交通省告示第15号にその基準が定められています

設計料は、建設費に対するパーセンテージで算出する方法が主流ですが
施工床面積に対して単価を乗ずる算出方法もございます
加藤毅建築設計事務所は、後者を採用しています

前者の建設費歩合ですと、建設費が確定するまで設計料も決まらない点や
どこまでが建設費なのか(例えば地盤改良費やカーテンは含むのか等)が決めづらい点、
石油の高騰に伴う建設コストアップに付随して設計料も上がってしまうという点
において、明瞭性に欠けると判断しました

さらに「施工床面積」の考え方も分かりづらいことから、
行政に提出する確認申請書内の「延べ床面積」の値を「施工床面積」の代用とします
依頼者にとっては有利にはたらきます
万が一、建設費歩合の方が安価になる場合はその様にいたします

設計監理業務には責任と誇りをもって取り組みますので、サービスの安売りはしませんが
依頼者の予算管理に細心の配慮をする為に
設計料の考え方は出来るだけシンプルにしたいという思いです

不明な点はお気軽にお問い合わせください